×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






『抑え切れない思い』


ある夜のこと。
ダーク=カルロはルーマニアの草原を、たったひとり黙々と歩いていた。
彼の足下を照らすのは、三日月とふりそそぐ夏の星座達。
”歩いて”・・・屋敷へ帰っていく。
マフィアのボスであり、いつもまわりに部下達を侍らせ車などで移動している彼にしては
とても珍しいことである。
魔界人達を遺跡に案内し、そこで彼らと一緒に「冥王の侵略」という不思議な夢の
ロードショウを見た後のことである。
思いは千々乱れ、一人でいろいろと考えたかった。
部下を呼ぶ気にもなれず・・・こうして一人歩いている。
・・・カルロは歩きながら蘭世を想い・・・自分の立場にも思いを馳せている・・・。

冥王や魔界人に対し、人間である自分は まるで無力であることを、
ひしひしと感じ続けている。
冥王は俊を倒すために弱い蘭世に矛先を向けた。
洗脳という形で・・
(私の手で救ってやりたかった・・・)
だが。その蘭世も自分では救えなかった。

救ったのは、魔界の王子、シュン であった。
”俊が”蘭世を救ったことに心のざわめきを覚えたが
蘭世の意識が戻ることを心から願っていた彼は、それは良しとして
前向きに受け止めていた。

魔界人の血を引いているとはいえ、自分は一介の人間にすぎない。
冥王も倒すことが出来ない・・・
マフィアの、どころか人間の世界での常識は一切通用しない。
普通の方法では相手を倒すことなど出来ない。
ピストルなどただの鉄のかたまりくらいの価値しかなくなるのだ。

(・・・)

夏の・・熱を孕んだ夜風はふうわりとカルロの前髪を揺らし吹き抜けていく。

遺跡の中での出来事も思い出す。
過酷な運命を背負ったシュンを思い、涙する蘭世。そして
シュンに不躾に心を読まれることに不快を露わにする蘭世の姿も見た。
カルロはそれを思い出すたびにまた眉をひそめる。

どんなに魔界人としての能力が高い男だろうとシュンは若すぎる。
女性に対する扱いなど見ていても全く情けない。
あんな辛そうな蘭世は・・私も見ていて切ない。
私ならばあんな思いなどさせないのに・・・

極めつけは遺跡から脱出したときのたましい達との争いのヒトコマ。
蘭世は あまつさえ・・大きくて醜い豚の姿に変身したのだ。
これにはカルロも相当なショックを受けた。
しばらくして冷静になりそれを思い出せば
年若い娘にあんな無粋なことをさせる魔界人達に
さらに腹が立つ。

このまま魔界人の中に蘭世を置いておきたくない。
私は蘭世を護りたい。
彼女がいつも笑顔でいられるように、
そして、彼女が辛い思いをしないように・・

ではどうすれば・・・?

カルロは思考を巡らせながら黙々と草原を歩き続ける。
歩めば千切れた草が彼の上等な革の靴へまとわりついていく。
踏みしめるたびに青い草の香りが夜露とともにわき上がってくる。

(・・・)
そうだ。

ふと、彼は歩みを止める。
カルロはある決心を、したのだった。

皆の様子を見て察するに、おそらく魔界人達はすぐに魔界へ向かうだろう。
封印の氷が溶けて冥界への門が開かれたのを見てしまった以上、動かずにいられないはずだ。
勿論、魔界の王子であるシュンは率先して行く事だろう。
(だがきっとランゼのことはおいて行くに違いない・・・)
あの男だって蘭世のことは大事に思っているはずである。
みすみす危険な場所へなど連れていくことはしないだろう。

ならば。
チャンスは逃さない。

(そうだ・・さらってでも 私の元へ連れてこよう)
その決断に・・マフィアのボスである彼は微塵も躊躇しない。

カルロは今まで魔界人達に混じって蘭世のそばにいる事しか出来なかった。
言語の壁もあり蘭世とはじっくり語り合うこともなくいままで来たのだった。
言葉を交わすことすらままならない。
それが、カルロにとって とてももどかしい日々だった。
(今の私なら、少しは蘭世と話すことが出来る)
ルーマニアでの数週間、カルロは仕事の合間に日本語を真摯に覚えた。
(蘭世と、ゆっくり話がしてみたい。そして、彼女の思いを見てみたい)

何よりも。
一日も早く、あんな魔界人たちの騒ぎの中から救い出してやりたい。
私は・・蘭世を 心から愛しているのだ
もうそれを抑えるつもりはない。

カルロは夜空を仰ぎ・・星々へ視線を投げかける。
そうして納得したような表情を浮かべ、視線を戻すと再び歩き始めた。
先程よりもしっかりとした、テンポの速い歩み。

そうだ。今しかない。
今こそ、私の想いを伝えよう。
そして・・・もうシュンの元へなど、返しはしない・・・

end


BG MATERIAL:Silverry moon light

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

閉じる
◇小説&イラストへ◇